ねこウォールステッカー07iwago-cat07

子猫から大人に変わる頃の姿がとってもキュートな、猫写真のウォールステッカーです。
猫写真家として有名な岩合光明氏の撮影した写真が、そのまま壁シールになりました。
茶色と白のフワフワな毛を持つ茶トラは、毛の質感までもリアルに再現しました。
白い壁紙にはもちろん、色のある部分に貼ってもよく映える発色の良い仕上がりとなっていますので、ぜひお好みの場所に猫を歩かせてみてください。
光を浴びて瞳孔が少し細くなっている、あどけなさの中に覗くワイルドな表情も魅力的です。

猫のやわらかな質感

動物写真家である岩合光昭氏が撮影した猫の写真がウォールステッカーになりました。
猫のやわらかい毛の質感までリアルに再現できるのは、写真を使ったシールだからこそ。
イラストでは取り入れられない、ねこのリアルな姿をぜひお楽しみください。
茶トラ模様のフワフワとした毛は、見ているだけで癒し効果も抜群です。
思わず撫でたくなってしまいたくなる気持ちをグッと抑えて、ぜひ見つめあってみて。
まるでそこにやわらかい猫が存在しているような気分になれますよ。

瞳の魅力

ネコは、明るいところでは瞳孔の幅が細くなり、暗いところでは瞳孔の幅が太く丸くなるという特性があります。
ネコの目が丸くなったり細くなったりするのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
瞳孔の幅の変化は、最大で14ミリ~最小で1ミリ以下というから、とても大きな変化をすることがわかります。
ねこウォールステッカー07に使われている茶トラ猫は、ちょっと瞳が細くなっている状態。
黒目がちなクリクリの瞳もとても可愛いものですが、この猫のように瞳孔が細くなっているときのワイルドな雰囲気もやはり猫の魅力のひとつです。
どんなものを見ているのかな?と、猫のストーリーを考えながら壁に貼ってみても楽しめます。

商品拡大画像
商品サイズ画像
シート画像

子猫から大人へ

ねこウォールステッカー07のねこは、子猫から大人へと成長していく途中の写真を使用したもの。
まだあどけなさが残る表情や小さな身体に、大人のキリリとした雰囲気もまといはじめているようです。
岩合氏の猫写真の魅力のひとつは、その猫がもつ自然な魅力を切り取っていることではないでしょうか。
この子猫がこれからどんな大人になっていくのか、想像しながらウォールステッカーを貼ってみてください。
ポーズを活かすように、壁の巾木や家具などに沿わせて、そこに立っているように貼るとよりリアルに見えます。

小物や家電、窓にも

貼って剥がせるシールは、壁だけでなく窓や家電などにも気軽に貼っていただけます。
ねこウォールステッカー07はキュートな子猫なので、車の窓などに貼ってみても注目を集めること間違いありません。
小さめサイズなので取り入れやすく、ナチュラルに可愛さを演出することが可能です。
貼るのも剥がすのも簡単で痕も残らないので、賃貸アパートでも安心です。 ぜひ猫好きな方へのプレゼントとしてもお使いください。
岩合氏の猫写真はとても人気が高いので、素敵なプレゼントとなることでしょう。

ねこウォールステッカー07
SSサイズ:1980 yen(+tax)

購入する

(10月20日より発売開始)

pagetop