ねこウォールステッカー10iwago-cat10

まだ小さな子猫の写真がそのままとても可愛いウォールステッカーとして登場です。
猫写真家として有名な岩合光明氏の撮影した写真が、そのまま壁シールになりました。
生まれてから1ヵ月程度の間、猫の目が青い「キトゥンブルー」の雰囲気をまだ残したような子猫は、とてもキュート。
どんな人にも「可愛い!」と感じていただける子猫は、プレゼントとしてもおすすめです。
壁だけでなく、トイレタンクやパソコンなど様々な場所に当ててぴったりの居場所を見つけてみてください。

まっすぐな眼差しの魅力

動物写真家である岩合光昭氏が撮影した猫の写真がウォールステッカーになりました。
まだ小さな子猫がまっすぐに見つめてくるその眼差しは、可愛さはもちろんのこと力強さも感じられます。
子猫は生まれてから一ヵ月程度は瞳の色が青い「キトゥンブルー」という状態になっていますが、このネコもキトゥンブルーから大人の猫の瞳の色へと変化する途中のような魅力的な瞳の色をしています。
大人へと成長していく子猫は、これからどんなものを見つめていくのでしょうか。
このインテリアシールの元となった写真は、キューバのハバナで撮影されたもの。たくましい力強さが感じられます。
少し首をかしげてキョトンとした表情を見せる子猫がお部屋にいれば、日々の疲れも癒してくれること間違いありません。
発色の美しいウォールステッカーは、岩合氏の猫写真の魅力を存分に表現しています。

棚や家具、窓と組み合わせて

ねこウォールステッカー10は、子猫が座ったポーズをしています。
座ったポーズのねこのウォールステッカーは、そのまま壁に貼っても素敵ですがもっと素敵に取り入れる方法があるのです。
それは、棚や家具や出窓などと組み合わせて貼る方法。
棚の天板などに座っているように配置して合わせ、後ろの壁に貼るようにすればまるで本物の猫が座っているようなリアルさが生まれます。
窓辺などに貼れば、小さな猫が外を見ているような雰囲気にも。
どのように貼るかは自由自在なので、ぜひ色々と試してお好みの貼り方を探してみてください。

商品拡大画像
商品サイズ画像
シート画像

写真だからこその魅力

猫のデザインのウォールステッカーは欲しいけれど、イラストのものだと子どもっぽくなりそう・・・そんなお悩みにもお応えするのがネコ写真のウォールステッカーです。
写真ならイラストよりも大人な印象で、猫をインテリアに取り入れることが可能です。
リビングに、玄関に・・・本物の猫と暮らすように、お好きな場所に貼ってお楽しみください。
可愛らしくまとめたお部屋はもちろん、シンプルなお部屋にプラスしても素敵に映えます。
カラー壁紙に貼っても似合うことはもちろん、白いスッキリとした壁紙に合わせても空間が引き締まります。

どこにでも貼れる小さめサイズ

ねこウォールステッカーシリーズは、どこにでも取り入れやすい小さめのサイズです。
A4に収まるくらいの小さいウォールステッカーは、壁だけではなく様々な場所に貼ることができるのです。
例えば、暗くなりがちなトイレの中、タンクに貼ってみてはいかがでしょう。
他にも、キッチンシンクの扉や洗濯機などの家電、ノートパソコンなんかに貼ってみたり。
かんたんに貼るだけで、自分だけのオリジナルにすることができます。 岩合氏の猫写真を、気軽にインテリアに取り入れてみてください。

ねこウォールステッカー10
SSサイズ:1980 yen(+tax)

購入する

(10月20日より発売開始)

pagetop