Love

「人は変えられない」という言葉をよく聞きます。
本当にそうでしょうか。

もし世の中から「おせっかい」がなくなったらどうなるのでしょうか。
自立できない人や、明らかに悪い方向へ進んでいる人たちへの
関心がなくなってしまったら、世の中は悪くなる一方です。

かといって、価値観を押しつけてしまっては、衝突が始まってしまいます。

どうするべきか。

まず自分が変わる。
誠意をもって、自分が本当によいと思う方向に成長する。
そのことが結果的に人を、社会を変えることにつながるような気がします。

ここちよいおせっかいを。

愛 武田双雲『一日一魂』(清流出版、2010年、84-85頁)

堂々と書かれた壮大な「愛」

、というとても素敵な言葉を武田双雲が毛筆で堂々と壮大に書ききりました。
その言葉がもつ深さや大きさ、そして優しさをそのまま文字に表したようなウォールステッカーです。
ご家族と過ごすお部屋やお客様を通すリビングなど、貼るだけでその場所の主役となるような存在感を持ったウォールステッカーに仕上がりました。
シンプルな白い壁とも相性がとてもよく、そこに本当に筆で書いたかのように自然に溶け込みます。

結婚祝いとして

、という言葉がとても似合うのが結婚というイベントです。
ご友人やご家族の結婚祝いとしてお使いいただくのも大変おすすめです。
新たな家族となったおふたりの「愛」がこれからずっと大きく育っていくように願いをこめて、こんなウォールステッカー贈り物にしてみてはいかがでしょう。
新居の壁にしっかりと書かれた「愛」の文字はきっと結婚したときの幸せな気持ちをいつまでも思い起こさせてくれるはずです。

商品拡大画像
商品サイズ画像

武田双雲の語る「愛」

武田双雲は「愛」という言葉について「おせっかい」という言葉で語っています。
おせっかいという言葉で愛を語り、そしてそれがこんなにも優しいの表現となるのは武田双雲ならでは。
一人で頑張っている人は、どうしてもいろいろな人から向けられている愛を忘れてしまいがちになっていることもありますね。
そんなとき、こんなウォールステッカーを眺めてみてはいかがでしょうか。
そして武田双雲の世界観であるとても優しい言葉に包まれ、ホッと心が癒されるでしょう。

オフィスのインテリアにも

「誠意をもって、自分が本当によいと思う方向に成長する」
そんな意味を武田双雲は「愛」という言葉にこめています。
殺風景になりがちなオフィスインテリアにこんな言葉があったらどうでしょう。
社員への愛、お客様への愛、そして社会への愛を思い出して、気持ち良く仕事ができそうです。
しっかりとした墨色の文字は、シンプルなオフィスにもぴったりです。

Sサイズ:27800 yen(+tax)
Mサイズ:28800 yen(+tax)
Lサイズ:29800 yen(+tax)

購入する

(10月20日より発売開始)

pagetop