Enjoy

「自分が嫌い」という人がいます。

その嫌いな「自分」を生んでくれた親がいます。
今までの人生でその「自分」を応援してくれた人がいます。
「自分」に何かを教えてくれた人もいます。
「自分」に何かを与えてくれた人もいます。
「自分」のために犠牲になった命(動物や植物)もあります。
「自分」を生かしてくれている地球があります。

そんな「自分」を嫌いになるということは、
「自分」に関わったすべての命に対しても嫌いと言っているようなもの。

私の場合
好き や 嫌い ではなく、
自分を育む。

そして
自分の成長を楽しむ。

それだけです。

楽 武田双雲『一日一魂』(清流出版、2010年、44-45頁)

力強く書かれた筆文字

武田双雲は、時には繊細に、時にはとても力強く文字を書いています。
この「楽」の文字は大変力強く勇ましい印象。
それでも、どこかホッとできるやわらかさも持っています。
ゆったりと過ごしたいリビングのインテリアとしてこんなウォールステッカーがあったら、心を癒す空間になりそうです。
和風な印象のある筆文字ですが、意外にも洋室との相性も良いのです。

季節を問わず長く楽しめる

ずっと長く楽しめるウォールステッカーをお探しの方に、文字のウォールステッカーは特におすすめです。
季節を問わず長くお楽しみいただけます。
また、シンプルな漢字一文字の「楽」の文字には様々な意味を感じ取ることができるでしょう。
例えば「楽しんで」すごすこと、「気持ちを楽に」すること・・・
一文字の「楽」がもつ様々な意味を感じ取りながらお楽しみください。

商品拡大画像
商品サイズ画像

しっかりとした墨色

筆文字のウォールステッカーの魅力のひとつとして、しっかりとした墨色の発色があります。
濃くしっかりと発色する黒は、シンプルな壁も引き締めてインテリアにメリハリを演出することが可能です。
まるで墨を使って壁に書いたような、リアルな発色となっています。
白い壁にもよく映え、壁の印象をがらりと変えてくれます。

自分が嫌いになりそうな人へ

武田双雲は、自分が嫌いになってしまいそうな人にやさしい言葉で呼びかけてくれています。
そして「好きになる」という以外の選択肢を示してくれているのです。
どうしても自分のことを嫌いになってしまいそうな人こそ、お部屋にこんなウォールステッカーを貼ってみてはいかがでしょうか。
そして、それを見るたびに少しだけ武田双雲の詩を思い出してみてください。
堂々とした「楽」の文字は、ゆったりと心を包み込んでくれそうです。

Sサイズ:27800 yen(+tax)
Mサイズ:28800 yen(+tax)
Lサイズ:29800 yen(+tax)

購入する

(10月20日より発売開始)

pagetop